前打ちとは

仕掛け

エサ

チヌ釣りのエサは多種ありますが、とりあえず前打ちならカニかイガイで十分です。
入手方法は、釣具店やエサ屋さんで売っているならこれを買う方が無難です。
私の場合は、ポイントの近くでカニなりイガイなり採取できるので、これを使っています。
尚、自分で採取する場合取りすぎに注意しましょう。

1.カニ

カニの刺し方を示す

2.イガイ

イガイの刺し方を示す

釣り方

1.振込

竿下を釣る画

2.底を取る

ヘチ釣りや落とし込み釣りの場合、中層を意識しますが、前打ちの場合は底がメインになります。
まずはエサを底まで落としましょう。
道糸はエサが浮かない程度に、張り加減にしてください。道糸がフケているとアタリが取れません。
尚、カニエサの場合カニが底に張り付くので、張りを作りやすいです。

3.誘い

着底して数秒ほど待ってみてアタリが無ければ、エサを30cmほど持ち上げます。
そして又、落とします。

4.打ち直し・ポイント移動

上記の誘いを数回繰り返して、アタリが出なければ仕掛けを回収して改めて打ち直します。
そして、打ち直し後もアタリが無ければ、ポイントを少しずつ移動していきます。
勿論、打ち直す事なくポイント移動するのもありです。

アタリとアワセ

エサ取りのアタリは、小刻みの場合が多いです。プルプルっと言った感じです。
チヌのアタリの場合、カツカツ・・・ カツカツ・・・と言った感じで力強くストロークも大きいです。
カツカツっと来た時には穂先を軽く抑え込んできます。これに合わせて穂先を下げて送り込んでやります。
つまり、捕食中のチヌに出来るだけ違和感を与えないようにします。
やがて、穂先が力強く引き込まれる本アタリが出たら、竿を立てます。

潰れたカニ、ガン玉の歯形の画

取り込み

前打ちの場合、障害物の多い環境の中で釣りをしています。
本アタリが出たら、主導権を取られないよう、強引気味に寄せましょう。

又、タモは背負っているし足場も決して良くない状況です。自分自身の安全にも十分に配慮が必要です。

チヌのキープ

ダンゴ釣りやフカセ釣りの場合、釣り場の移動は無いのでチヌのキープは、スカリで十分ですが
前打ちの場合移動が多いので、スカリよりも


まとめ

本格的に前打ちをやるなら、竿やリールは専用のものが欲しくなりますが
試しにトライするなら、普通の磯竿やスピニングリールで十分です。
エサも自分で採取出来るならタダです。
是非一度挑戦してみてください。